1. ICL-Channels ホーム
  2. 授業の履修方法
  3. 仙石祐 多文化融合論

仙石祐 多文化融合論

コース情報

1.講義科目名 多文化融合論
2.講義題目 多文化融合論
3.単位数 2
4.対象学年 学部生
5.担当教員 仙石祐
6.学期・曜日・講時 春学期・月曜5限(16:50 - 18:20)
7.教授言語 日本語
8.授業概要、ねらい 本授業は国内学生と留学生が協働しながら学び合う「国際共修授業」であり,使用言語は日本語である.教員は基礎的な知識や参考資料の提示にとどめ,履修者によるグループワークやディスカッションの場を多く設け,アクティブラーニングの要素を重視する.授業の前半はマレー半島を舞台とし,後半は中東(部分的にヨーロッパ含む)を舞台とする.また単元の最終課題に有益な話題を提供してくれる,現場での実務経験がある外部スピーカーによる講演も予定している.
9.授業計画 1. ガイダンス

2. マレー系・中華系・インド系の多文化共生

3. カレンダーで見るマレーシア

4. ゲストスピーカー(元日本国大使館公邸料理人)

5. 単元の最終課題に向けたグループワーク

6. プレゼンテーションとディスカッション①

7. プレゼンテーションとディスカッション②

8. ゲストスピーカー(金属メーカー勤務)

9. 中東史を概観する

10. 各宗教文化圏のつながりのヒント

11. ゲストスピーカー(中東研究者)

12. 単元の最終課題に向けたグループワーク

13. プレゼンテーションとディスカッション①

14. プレゼンテーションとディスカッション②

15. まとめ,授業アンケート(最後の15分で実施)
10.成績評価・課題 グループワークの成果物(30点)
グループワークやディスカッションへの貢献(30点)
毎回の授業でのミニエッセイ(30点)
授業で扱ったテーマを1つ選んでのミニレポート(10点)
11.教科書 なし
12.授業時間外学修 指定されたテーマについて,各自(各グループ)が文献やインターネット上のウェブサイトを調べ,グループワークの準備をする.グループワークの後は,各自授業内で毎回ミニエッセイを書いてもらう.
【2単位】60時間以上の時間外学習が必要となります.
13.履修上の注意 グループワークの準備が指示された場合は,授業に参加する前に十分な質と量の学習を行うこと.授業に20分以上遅刻した場合は欠席とみなす.
14.シラバス掲載URL 多文化融合論(後日公開)
15.ICL履修生定員 特になし
16.語学要件 日本語で授業内容を理解し,ディスカッションできること.
17.国際共修活動の頻度 50%程度
18.その他(ICL履修学生固有の留意事項)
一覧へ戻る
上へ戻る